離島巡りのデメリット

お金と時間が更にかかる

沖縄本島の那覇空港は全国各地の空港から直行便が出ています。もちろん石垣島などの離島に各地から直接行ける便もありますが、やはりその数は那覇空港と比べると一気に少なくなります。つまり、沖縄の離島に行くには基本的に一度那覇空港に着陸してから再度飛び立つという乗り継ぎが必要になります。もちろんその分お金がかかりますし、タイミング良く離島への便があるとは限りません。せっかく沖縄に来たのに、空港で何時間も待つという事態もあり得ます。それならば、本島でレンタカーでも借りて思い切り満喫した方が良いのではないかという気持ちになっても無理はないでしょう。また、荒天や機材の不具合による欠航もあり得ますから、そうなるとホテルの予約取り消しなど予定が大きく狂うことになります。

本島よりも不便は多い

沖縄は国内屈指の観光地のため、本島はもちろん離島もある程度整備されています。通常離島は食事処やスーパーなどが少ないですが、沖縄の離島は離島を感じさせないほど充実しています。立派なホテルもあるので、宿に困ることもないでしょう。ただ、本島よりも不便が多くなるのは仕方ないと言えます。小腹が空いても何も食べられなかったり、見る場所が少なくてホテル内で過ごす時間が増えることも考えられます。コバルトブルーの海や南国特有のフルーツを食べる時間は沖縄らしさを存分に感じられますが、色々と観光したい場合は離島だと時間を持て余します。沖縄料理も離島で味わえますが、極論を言えば本島でも食べられますし、飲食店の数も本島の方が多いです。

久米島のツアーでは、往復の航空券や宿泊に加えて現地での観光もセットになっているお得なプランが充実しており、初めて離島を訪れる場合でも気軽に利用できます。

© Copyright Been To Okinawa.All Rights Reserved.