本島巡りのメリット

特に那覇は交通の便が良い

本島巡りをする事の大きなメリットは、離島と比べて明らかに交通の便が良い事です。特に那覇市は市街地付近に空港がある上、2003年に那覇市内各地を巡回するモノレール線が開業して一気に交通の便が良くなりました。さらに、駅で沖縄県専用のICカードをもらってお金をチャージすれば、カードを使ってスムーズにモノレールを乗り降りする事が可能です。なお、市内はバス網も発達していますが、駅で受け取れるICカードはモノレールだけではなくバスにも対応していて、バスの降車時に硬貨を出す必要もありません。そのため、那覇市に絞って観光地巡りをする際はICカードをフル活用するのがおすすめです。那覇市外に行く場合に関しても離島とは違って高速道路があるため、信号で度々停車する必要がありません。その他、那覇市外を走るバスの停車本数も多めで、観光需要が少ない離島とは違って長時間バスを待たずに済みます。

生活利便性もかなり高い

沖縄の離島には全国チェーン展開している24時間営業のコンビニエンスストアが存在しない島も数多く存在します。一方、島というよりも小さな大陸といっていいような存在である沖縄本島各地には24時間営業のコンビニが本州同様たくさん出店しています。そのため、離島巡りをする場合と違ってちょっとした買い物に困る事はなく、生活利便性の高さを享受できるのも大きなメリットです。また、離島には医療器具が充実している病院がない島もある一方、本島には最新の医療器具を備えた病院がたくさんあります。離島の海や山で大怪我をしたり、道で交通事故に巻き込まれた場合は通院することも大変ですが、本島であればすぐに病院にかかれて安心です。その他、離島にはあまり飲食店が出店していないエリアもありますが、本島各地には飲食店が点在していて飲食面で困る事もありません。

与論島の旅行で、訪れたいスポットはパラダイスビーチ。この海岸では、毎年5月から7月にかけて産卵のために、砂浜へ上がるウミガメを観察することができます。

© Copyright Been To Okinawa.All Rights Reserved.